LUSH PRIZE

Lush Prizeは、動物実験を廃止または代替するためのイニシアチブを支援するために、グローバルな賞金基金を提供しています。動物実験を行わない分野では最大の賞金基金であり、賞金総額は25万ポンド(約3,000万円)です。

LUSH PRIZE 2022の最終候補者リストが発表。 26ヵ国から、65名がノミネートされました。

ロビー活動、世論形成、科学、研修、若手研究者、政治的功績の6部門があります。

また、動物実験廃止への顕著な貢献に対して、審査委員会よりアンドリュー・タイラー賞が授与されます。

また、審査員の判断により、ヒト毒性経路の研究における重要なブレークスルーに対して、賞金全額を授与するブラックボックス賞も用意されています。

ロビー活動部門

ロビー活動部門は、動物を使用しない代替法を推進する動物実験の代替および、禁止に向けた政策介入に携わる個人、団体、または組織を対象にしています。

詳しくはこちら

世論喚起部門

世論喚起部門は、動物実験が実施されている背景や実情を社会に知らせ、世論を喚起する個人や団体を対象としています。

詳しくはこちら

若手研究者部門

若手研究者部門は、動物実験をなくすための研究資金を必要としている、応募時に36歳以下の研究者が対象となります。
 

詳しくはこちら

サイエンス部門

ロビー活動部門は、動物を使用しない代替法を推進する動物実験の代替および、禁止に向けた政策介入に携わる個人、団体、または組織を対象にしています。
 

詳しくはこちら

トレーニング部門

トレーニング部門は、研究者や規制機関に対して、動物を使用しない代替法のトレーニングを提供する個人、団体、または組織が対象となります。

詳しくはこちら

政治的功績部門の

これは、国やレベルを問わず選出された政治家を対象とした賞であり、賞金は伴いません
 

詳しくはこちら

LUSH PRIZEについて

2012年から2020年にかけて、Lush Prizeは28か国の120名の受賞者に244万ポンドを授与してきました(南極大陸以外の全大陸から受賞者が輩出されました!)。

まさに世界的な賞として、Lush Prizeは中国、ケニア、イラン、ウクライナ、インド、ニュージーランド、ブラジル、米国、欧州諸国といった多様な国々の科学者および活動家を支援してきました。

Lush Prizeは現在、隔年イベントとなっています。

LUSH PRIZEについて