21世紀の毒物学

 
動物実験を廃止するための決定的な2つの理由は次の通りです。
 
1. 残酷である
多くの安全性試験は麻酔や鎮痛剤なしで行われ、動物は毒性物質により長時間に渡り苦痛を与えられます。規制により住居や管理の最低水準が設定されている場合でも、研究所の動物が日常的に体験する恐怖感や苦痛を取り除くことはできません。

 
2. 効果的でない
動物の生化学、生理機能、大きさおよび寿命は種(そしてブリード)によって異なり、試験物質の毒性に影響します。マウスやラットにとって安全な物質が人間にとっても安全とは限りません。動物実験により安全性が承認された一部の化学物質は人間に有害であることが分かり、使用中止を余儀なくされた例もあります。

 

21世紀の毒物学

 
21世紀の毒物学は世界中の規制機関、毒物学者、キャンペーン活動家および企業が大きな期待を寄せる安全性試験への新たなアプローチです。それは生物学、遺伝学、コンピューター学およびロボット工学の進歩のおかげで可能となりました。

21世紀の毒物学は人間の毒性経路、すなわち毒性物質への曝露により起こるヒト細胞の分子変化の順序に着目します。こうした分子経路は異なる化学物質と毒作用に関して解明されるため、コンピューター技術は動物を使わない安全性試験の開発に使用できる主要な方法を特定するのに役立ちます。

こうした新しい試験の多くはロボット制御を利用し、よりコスト効率のよい化学物質の評価を提供し、未試験の物質の処理に役立ちます。それは、マウス、ラットおよびウサギを利用するより人間との関連性が高く、有毒性の基盤となる原因を説明します。

動物を使用する方法とは異なり、新しい試験方法は人間の変異性および、胎児、子ども、成人への異なる効果を予測するのに役立ちます。そして新しいアプローチの科学的基盤がより優れていることが認識されるなか、時代遅れの動物実験は代替されていきます。

ブラックボックス賞は人間の毒性経路の研究に飛躍的な前進がある年において、25万ポンドが授与されます。

21世紀の毒物学に関する詳しい情報は以下を参照してください。

ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(ビデオ

米国科学アカデミー入門 (3ページの pdf)

人間毒物学プロジェクト (2ページの pdf)

米国科学アカデミー (書物、 196ページ)